周囲に気付かれずに不動産売却するには?ポイントを押さえて手続きしよう!

2022-08-23

周囲に気付かれずに不動産売却するには?ポイントを押さえて手続きしよう!

この記事のハイライト
●周囲に気付かれずに不動産売却する場合は、一般媒介契約を選択するのが無難
●不動産売却を周囲に知られたくない場合、売却活動は極力避けたほうが良い
●不動産売却にかかる期間は、仲介で3か月から半年、買取で1週間から2週間が目安

相続によって取得した不動産は空き家になることが多く、所有者に維持費や管理の手間などの負担がかかってしまいます。
そのため、支払いの事情などを周囲に知られずに売却したいと考える方もいらっしゃるのではないでしょうか。
また、地価の変動などで高く売れそうな場合、親族に知られたくないという方もいるかもしれません。
そこで今回は、周囲に気付かれずに不動産売却するための媒介契約の選び方や売却活動の進め方、売却にかかる期間についてご紹介します。
東京都立川市で空き家の売却をご検討中の方は、ぜひ今後の参考にしてみてください。

\お気軽にご相談ください!/

周囲に気付かれずに不動産売却するための媒介契約の選び方は?

周囲に気付かれずに不動産売却するための媒介契約の選び方は?

不動産売却は、一般的に不動産会社が間に入って第三者を探す「仲介」によっておこないます。
仲介による不動産売却をおこなう際は、3種類の媒介契約のなかから、売り手が選択した種類の媒介契約を不動産会社と締結します。
周囲に気付かれずに不動産売却するためには、どの種類を選択すれば良いのでしょうか。

媒介契約の種類とは?

まずは、3種類の媒介契約の特徴について見ていきましょう。
一般媒介契約
一般媒介契約の特徴は、下記のとおりです。

  • 複数の不動産会社と契約が可能
  • 指定流通機構への登録の義務がない(売り手の任意)
  • 不動産会社から売り手への売却活動の報告義務がない
  • 売り手が自ら見つけた買い手と取引が可能

専任媒介契約
専任媒介契約の特徴は、下記のとおりです。

  • 1社の不動産会社とのみ契約が可能
  • 指定流通機構に7日以内に登録する義務がある
  • 不動産会社から売り手へ、2週間に1回以上の頻度で売却活動の報告をする義務がある
  • 売り手が自ら見つけた買い手と取引が可能

専属専任媒介契約
専属専任媒介契約の特徴は、下記のとおりです。

  • 1社の不動産会社とのみ契約が可能
  • 指定流通機構に5日以内に登録する義務がある
  • 不動産会社から売り手へ、1週間に1回以上の頻度で売却活動の報告をする義務がある
  • 売り手が自ら見つけた買い手と取引が不可

指定流通機構とは、レインズと呼ばれる不動産会社専用のシステムのことで、広く物件情報が掲載されているものです。
一般的には、1社の不動産会社と密に連絡を取れる専任系の媒介契約のほうが、高値で売却できると言われています。

周囲に気付かれずに不動産売却したいなら一般媒介契約を選択!

周囲に気付かれずに不動産売却したい場合は、一般媒介契約を選択するのが無難です。
先ほどお伝えしたように、一般的には専任系の媒介契約を選択したほうが良いですが、専任系の媒介契約はレインズへの登録義務があるため、注意が必要です。
レインズへ登録した場合、周囲の方が物件を探す過程で、不動産会社を通じて情報が漏れてしまうリスクがあります。
一方、一般媒介契約はレインズへの登録義務がなく、情報が表に出にくいのがメリットです。
そのため、今回のように周囲に気付かれたくない場合は、一般媒介契約を検討してみましょう。

この記事も読まれています|不動産は住みながらでも売却できる?メリット・デメリットや注意点を解説!

\お気軽にご相談ください!/

周囲に気付かれずに不動産売却するための売却活動の進め方は?

周囲に気付かれずに不動産売却するための売却活動の進め方は?

仲介による不動産売却では、媒介契約を締結したあと、売却活動をおこないます。
売却活動では、インターネットに情報を掲載したり、チラシを配布したりして買い手を探します。
そして、その情報に興味を持った方に物件を内覧してもらい、買い手を見つけ、売買契約をおこなうというのが一連の流れです。
しかし、周囲に気付かれずに不動産売却するためには、通常の売却活動は避けなければなりません。
それでは、どのような方法で売却活動を進めれば良いのでしょうか。
考えられる方法を3つ紹介します。

不動産会社の「買取」を利用する

不動産売却には、「仲介」以外に「買取」という売却方法があります。
買取では、不動産会社が物件を直接買い上げます。
そのため、売却活動の手間や時間を省け、スピーディーに売却できるのが魅力です。
不動産会社と直接やり取りするため、周囲に気付かれるリスクが低くなるでしょう。
仲介による売却に比べると売却金は下がってしまいますが、気付かれずに売却したい場合は、買取がおすすめです。
スピーディーに売却できる分、空き家の維持・管理の負担が減るうえに、不動産会社と直接の取引になるため、仲介手数料が不要なメリットもあります。
株式会社ランドファーストでは、物件の直接買取を承っておりますので、安心してお任せください。

不動産会社の顧客に直接紹介する

不動産会社は、一般的に不動産の購入希望者のリストを有しています。
このリストの顧客にダイレクトメッセージを送ったり、物件の相談に訪問した顧客に直接紹介したりする方法で売却活動を進めることも可能です。
ただし紹介できる顧客が限られるため、スムーズに売却できない可能性が高いでしょう。

自分で買い手を見つける

自分で買い手を見つける方法は物件情報を公開せずに売却活動ができるため、周囲に気付かれずに売却することが可能です。
しかし専門知識の少ない個人間の売買は、トラブルに発展する可能性があり、危険です。
そのため、自分で買い手を見つける場合でも、不動産会社に仲介を依頼しましょう。
不動産会社が売買契約書や重要事項説明書の作成をおこなうため、安全な取引ができます。
なお買い手が住宅ローンを組む場合、不動産会社を間に入れ、重要事項説明書を提出することが条件になっているケースがほとんどであるため、注意してください。
このように、広く買い手を探す必要がある不動産売却において、周囲に気付かれずに売却するのは困難です。
なるべく周囲に気付かれないようにするためには、信頼性や対応を重視して不動産会社を選択することも大切です。
査定額にとらわれすぎていると、対応の良くない不動産会社から情報が漏れてしまう可能性もあります。

この記事も読まれています|不動産は住みながらでも売却できる?メリット・デメリットや注意点を解説!

\お気軽にご相談ください!/

周囲に気付かれずに不動産売却するための期間とは

周囲に気付かれずに不動産売却するための期間とは

最後に、周囲に気付かれずに不動産売却するための期間についてご紹介します。
とくに空き家の場合は、維持・管理にかかる手間や負担が大きいため、なるべく早めに売却したいところです。
それでは、「仲介」と「買取」の場合に分けて見ていきましょう。

「仲介」で売却した場合にかかる期間

仲介による売却の場合、売却活動が必要になるため、期間としては3か月から半年ほど見ておかなければなりません。
流れを簡単にお伝えすると、物件の査定から媒介契約までに1週間から4週間、売却活動から売買契約までに1か月から3か月、物件の引き渡しまでに1か月かかるのが目安です。
しかし、これは通常の仲介による売却でかかる期間です。
前の章でお伝えしたとおり、周囲に気付かれずに売却するためには、売却活動に時間を費やす可能性が高いため、より長い期間がかかることも覚悟しておきましょう。

「買取」で売却した場合にかかる期間

買取による売却でかかる期間は、早ければ1週間から2週間ほどです。
周囲に気付かれずに不動産売却するためには、スピーディーに手続きすることが大切です。
また、空き家は築古の場合が多く、それも売れにくい原因になってしまいます。
売却が長引けば情報が漏れるリスクが高まるうえに、維持・管理の負担も増えます。
そのため、周囲に知られずに空き家を売却したい方にとって、買取はぴったりの売却方法だと言えるでしょう。

この記事も読まれています|不動産は住みながらでも売却できる?メリット・デメリットや注意点を解説!

まとめ

今回は、周囲に気付かれずに不動産売却するための媒介契約の選び方や売却活動の進め方、売却にかかる期間についてご紹介しました。
周囲に気付かれずに不動産売却するのは難しいケースが多いため、スピーディーに売却できる買取を検討するのがおすすめです。
まずは信頼できる不動産会社を見つけ、相談するところから始めましょう。
20年あまりの経験と実績のある株式会社ランドファーストでは、無料査定や相談を承っております。
また、買取にも対応しておりますので、お客様のご希望に合わせて売却を進めることが可能です。
東京都立川市で空き家の売却をご検討中の方は、ぜひお気軽にご連絡ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120080281

営業時間
9:30~18:30
定休日
火・水曜日

売却査定

お問い合わせ