空き家を売りたい場合に覚えておくべき2つの方法とは?必要な費用も解説!

2022-06-21

空き家を売りたい場合に覚えておくべき2つの方法とは?必要な費用も解説!

この記事のハイライト
●空き家を売却するときは、そのまま売るか更地にするかを選択する必要がある
●どちらにもメリットとデメリットがあるので、不動産会社に相談しながら適した方法を選ぶと良い
●空き家の売却には費用がかかるので、発生しそうな費用を事前に確認しておくことが大切

空き家を売りたいと思っても、現状のままで売れるのか解体するべきなのか、迷ってしまうことがあるでしょう。
空き家の状態や需要によって、適切な売却方法は変わります。
そこで今回は東京都立川市周辺で空き家を売りたいとお考えの方に向けて、空き家を売却する2つの方法について、特徴やメリットなどをご説明します。
空き家を売却する際にかかる費用もご説明しますので、ぜひご参考にしてください。

\お気軽にご相談ください!/

売りたい空き家の売却方法①現状のまま売るメリットとデメリット

売りたい空き家の売却方法①現状のまま売るメリットとデメリット

空き家の売却方法は、大きく分けて「現状のまま売る」と「解体して更地にしてから売る」の2つです。
現状のまま売る場合は、さらに「古家付き土地として売る」と「中古住宅として売る」のどちらかを選ぶ必要があります。

空き家を現状のまま売る方法1:古家付き土地として売る

築年数が経っている空き家や不具合の多い空き家を売る場合は、空き家に値段を付けず「古家付き土地」として売り出すと、以下のようなメリットがあります。

  • 解体費用がかからない
  • 更地よりも固定資産税の負担が少ない
  • ターゲットが広がり買主が早く見つかる可能性がある

現状のまま売る方法を選んだときの大きなメリットは、解体費用がかからないことです。
また、建物がある土地は固定資産税の優遇措置が適用されるため、更地にするよりも現状のまま売るほうが費用の負担が少ないでしょう。
さらに、中古住宅を探している方と土地を探している方のどちらにも興味を持ってもらえることもメリットです。
中古住宅を探している方のなかには「安い物件を買って自分好みにリフォームしたい」と考えている方も多く、古い空き家でも購入してもらえる可能性があります。
土地だけ必要な場合は、値段が付いていない空き家を解体すれば良いので、立地条件が合えば売れることがあるでしょう。
ただし、以下のようなデメリットがあることには注意が必要です。

  • 管理の手間がかかる
  • 家の状態によっては売れにくい可能性がある

空き家は適切に管理しないと老朽化が急速に進むため、売れるまで定期的に管理しなくてはなりません。
また、値段が付いていなくても見栄えが悪い家は売れにくいので、注意しましょう。

空き家を現状のまま売る方法2:中古住宅として売る

比較的新しい空き家や状態の良い空き家を売りたいときは、中古住宅として売り出しましょう。
中古住宅として売る場合のメリットは、以下のとおりです。

  • 解体費用がかからず固定資産税の負担も少ない
  • 売却金を得られる

中古住宅として売る場合は、解体費用や固定資産税などの出費を抑えられるうえ、建物にも値段を付けられるので、手元により多くのお金を残せる可能性があります。
ただし、以下のデメリットがあることには気を付けましょう。

  • 管理の手間がかかる
  • 契約不適合責任に注意が必要

中古住宅として売りたい場合は現状を維持しないと、希望する価格で売れなくなる可能性があります。
買主に引き渡すまでは、換気や掃除、空き家の状態チェックなどを定期的におこなう必要があるので、手間に感じるかもしれません。
また、売却した空き家の品質が契約の内容と違う場合、売主は契約不適合責任を問われてしまいます。
古家付き土地の場合は、契約書に「建物について一切の責任を負わないものとする」と記載して免責にすることが可能ですが、中古住宅として売りたいときは難しいかもしれません。
不具合がある場合はすべて契約書に記載し、買主にきちんと説明して了承を得ておきましょう。

この記事も読まれています|不動産は住みながらでも売却できる?メリット・デメリットや注意点を解説!

\お気軽にご相談ください!/

売りたい空き家の売却方法➁更地にして売るメリットとデメリット

売りたい空き家の売却方法➁更地にして売るメリットとデメリット

空き家が古くて売れそうもない場合や、土地の需要がありそうな場合は、空き家を解体して更地にすると買主が見つかりやすくなるかもしれません。
更地にしてから売りたいときも、メリットとデメリットを把握しておきましょう。
主なメリットは、以下の2つです。

  • 土地を探している方の目に留まりやすい
  • 空き家を管理する必要がなくなる

空き家を残して「建物は解体可」にすると幅広い需要に対応できますが、解体には時間や費用がかかるので、土地を探している方の候補からは外れるかもしれません。
その点、更地にしてから売り出すとすぐに土地を活用できるため、買主が見つかりやすくなる可能性があるでしょう。
土地は空き家よりも管理の手間がかからないので、負担が減ることもメリットの一つです。
一方、以下のようなデメリットによって出費が増えることは注意点です。

  • 解体費用がかかる
  • 固定資産税の優遇措置を受けられない

解体には費用がかかるうえ、更地にすると固定資産税の優遇措置が適用できなくなります。
売れるまでに時間がかかると出費がかさんでしまうので、注意しましょう。
このように、どの売却方法にもメリットとデメリットがあるので、「空き家を売りたいときはこの方法がおすすめ」と一概には言えません。
適切な売却方法は、売りたい空き家の状態や需要の動向などによって変わるので、不動産会社に相談しながら決めると良いでしょう。
もし「できるだけ早く売りたい」とお考えでしたら、買取もおすすめです。
買取は、不動産会社が不動産を直接買い取る方法なので、買主を探す時間を省けます。
不動産会社が物件を再販売するためのコストを差し引いた売却価格になるので、市場価格より安くなりますが、空き家を現状のまますぐに売却できます。
さらに買取は、契約不適合責任を問われる心配もありません。
弊社では買取のご依頼も承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

この記事も読まれています|不動産は住みながらでも売却できる?メリット・デメリットや注意点を解説!

\お気軽にご相談ください!/

売りたい空き家の売却方法➂それぞれの方法で売る際にかかる費用

売りたい空き家の売却方法➂それぞれの方法で売る際にかかる費用

空き家を売りたいときは、どのくらいの金額で売れるかだけではなく、売るためにかかる費用も把握しておくことが大切です。
先述した売却方法を選択した際にかかる費用について、それぞれご説明します。

現状のまま売りたいときにかかる費用

空き家を現状のまま売却するときは、必要に応じてリフォーム費用が発生します。
先述したように、購入後にリフォームする前提で物件を探している方も多いので、大掛かりなリフォームは必要ありません。
ただ、主要な設備が壊れていたり雨漏りが発生していたりする場合は、売却前に部分的なリフォームが必要なことがあるでしょう。

更地にしてから売りたいときにかかる費用

更地にする場合は、解体費用が発生します。
木造家屋を解体する際の費用は1坪3~4万円が相場だと言われており、30坪だと90万~120万円ほどかかります。
解体費用は売主の負担になるため、費用対効果をしっかりと見極めてから決断しましょう。

2つの方法に共通してかかる費用

どちらの方法にも発生する可能性がある費用は、主に以下の3種類です。

  • 相続登記費用
  • 仲介手数料
  • 譲渡所得税

相続登記費用は相続した空き家の名義変更をする際に必要で、登録免許税や司法書士への報酬などがあります。
仲介手数料は、不動産会社の仲介によって売買契約が成立した際に発生する費用です。
売却価格が400万円を超える場合の上限額は、「売却価格×3%+6万円+消費税」で算出できます。
そして譲渡所得税は、空き家を売却して利益が出たときに課税される税金です。
空き家の所有期間が5年以内の場合は39.63%、5年を超える場合は20.315%が利益に対して課税されます。
仲介手数料と譲渡所得税は高額になる可能性があるので、事前に計算して金額の目安を確認しておきましょう。

この記事も読まれています|不動産は住みながらでも売却できる?メリット・デメリットや注意点を解説!

まとめ

空き家には2つの売却方法があるので、適したほうを選びましょう。
解体するべきか迷ったときは、不動産会社に相談すると適切なアドバイスを受けられます。
私たち「株式会社ランドファースト」は、東京都立川市を中心としたエリアで不動産の売却をサポートしております。
空き家の売却をお考えでしたら弊社がお力になりますので、お気軽にご相談ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120080281

営業時間
9:30~18:30
定休日
火・水曜日

売却査定

お問い合わせ