住宅ローンが返済不可になりそうな場合はどうする?滞納後の対処法も解説!

2022-06-21

住宅ローンが返済不可になりそうな場合はどうする?滞納後の対処法も解説!

この記事のハイライト
●住宅ローンが返済不可になりそうなときは、早めに有効な対処法を実践すること
●競売はデメリットが多いので、住宅ローンを滞納したときは任意売却を検討したほうが良い
●任意売却は市場価格に近い価格で売れる可能性があり、分割返済もできるので生活再建につながる

住宅ローンの返済は長期間続くため、返済できなくなることもあるでしょう。
その場合は、今後の生活にできるだけ影響が出ないように、早めに対処法を実践することがおすすめです。
そこで今回は、東京都立川市にお住まいの方に向けて、住宅ローンが返済不可になりそうだと感じたときに実践したい対処法についてご説明します。
住宅ローンを滞納してしまったときの対処法である「任意売却」についてもご説明しますので、ぜひご参考にしてください。

\お気軽にご相談ください!/

住宅ローンが返済不可になる前に実践したい対処法とは

住宅ローンが返済不可になる前に実践したい対処法とは

住宅ローンが返済不可になって滞納が続くと、最終的に自宅は競売にかけられてしまいます。
競売にはデメリットが多く、生活の再建も厳しくなるので、競売にかけられないように対処することが大切です。
住宅ローンを滞納すると実践できる対処法が少なくなってしまうため、返済不可になりそうな時点で、早めに以下の対処法を実践しましょう。

  • 住宅ローンを借りている金融機関に相談する
  • 加入している保険が適用できるか確認する
  • 自宅を売却する

それぞれの対処法について、ご説明します。

対処法①住宅ローンを借りている金融機関に相談する

住宅ローンが返済不可になりそうな場合は、借り入れ先の金融機関に相談すると、返済プランを再検討してもらえる可能性があります。
また「一定期間返済額を減らす」「しばらく利息の返済のみにする」など、条件を変更してもらえることもあるでしょう。
一時的な収入の減少や、期間が決まっている病気療養などが原因の場合は、解消されるまで負担を緩和できると住宅ローンを滞納せずに済みます。
住宅ローンを滞納すると信用情報機関に事故情報が登録され、新規のローンを組めなくなってしまいます。
そのような事態を避けるためにも、返済が難しくなりそうな時点で、早めに借り入れ先の金融機関に相談しましょう。

対処法➁加入している保険が適用できるか確認する

住宅ローンの返済が難しくなった原因が疾病の場合は、契約時に加入した団体信用生命保険を適用できるかもしれません。
団体信用生命保険の契約内容によっては、契約者の死亡時以外にも、脳卒中や急性心筋梗塞などの疾病で保険を適用できることがあります。
保障される疾病の種類や金額は契約によって違うので、該当するかどうか確認してみましょう。

対処法➂自宅を売却する

これまでご説明した対処法では改善できそうもない場合は、売却を視野に入れてみましょう。
売却金で住宅ローンを完済できる見込みがあれば、住宅ローンが残っていても売却可能です。
不動産の査定額と住宅ローンの残債を比較すると、売却金で完済できるかどうかがわかるので、まず不動産の査定を受けてみましょう。
滞納前に売却金で完済できると、信用情報機関に事故情報が登録されずに済むので、落ち着いたタイミングでまた住宅ローンを組むことができます。
なお「買い手が決まるまでに時間がかかると、滞納してしまう可能性がある」という場合は、不動産会社による買取もおすすめです。
買取は不動産会社が買主になる売却方法なので、条件について合意したらすぐに現金化できます。
弊社は買取のご依頼も承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

この記事も読まれています|不動産売却の流れとは?媒介契約の種類や準備すべきことも解説!

\お気軽にご相談ください!/

住宅ローンが返済不可になった自宅を売られてしまう競売とは

住宅ローンが返済不可になった自宅を売られてしまう競売とは

先述した対処法を早めに実践したほうが良い理由は、住宅ローンが返済不可になると、最終的に競売にかけられてしまうからです。
競売とは自宅が裁判所によって強制的に売却されてしまうことで、以下のようなデメリットがあります。

  • 売却価格が市場価格よりも安くなる
  • 住宅ローンを売却金で完済できないと一括返済を求められる
  • 売却金を引っ越し費用などに使うことができない
  • 競売になったことを周囲に知られる可能性がある

競売は通常よりも売却価格が安くなるうえ、残債は一括返済を求められるので、自己破産してしまう可能性があります。
また、自宅を売却されるので引っ越しが必要ですが、売却金を引っ越し費用に充てることはできません。
さらに、裁判所から執行官や鑑定人が現地調査に訪れたり、競売物件として新聞などに載ったりするので、競売にかけられたことを周囲に知られてしまうかもしれません。
ただ、住宅ローンが返済不可になってもすぐに競売になるわけではないので、どのような流れで競売に至るのか確認しておきましょう。
住宅ローンの滞納から競売までは、以下のような流れで進みます。

  • 滞納後1~2か月目くらいに督促状や催告書が届く
  • 延滞が3か月以上続くと、期限の利益を喪失する
  • 代位弁済がおこなわれる
  • 競売の申立てがおこなわれる
  • 競売開始決定通知が届き、裁判所による現地調査がある
  • 期間入札の公告がおこなわれ、競売が実施される

期限の利益とは住宅ローンを月々返済できる利益のことで、この利益を失うと一括返済が求められます。
期限の利益を喪失すると保証会社が金融機関に一括支払いをする「代位弁済」がおこなわれ、債権者が保証会社に変わります。
そして、競売の申立てがおこなわれ、競売の実施へと進むのです。
なお、滞納から競売の実施までは1年ほどかかるので、その前に売却できると競売になることを避けられます。
売却金で住宅ローンを完済できなくても、「任意売却」なら自宅を売ることが可能です。
任意売却は競売よりもメリットが多いので、住宅ローンが返済不可になった時点で早めに検討しましょう。

この記事も読まれています|不動産売却の流れとは?媒介契約の種類や準備すべきことも解説!

\お気軽にご相談ください!/

住宅ローンが返済不可になったら早めに検討したい任意売却とは

住宅ローンが返済不可になったら早めに検討したい任意売却とは

任意売却とは、不動産の売却金などで住宅ローンを完済できない場合でも、債権者の許可を得て不動産を売却できる方法です。
住宅ローンが残っている不動産には抵当権が設定されており、売却するためには住宅ローンを完済して抵当権を抹消する必要があります。
不動産の売却金で住宅ローンを完済できる場合は問題ありませんが、完済できない場合は基本的に抵当権を抹消できないため、売却もできません。
ただ、それでは住宅ローンの残債を減らす目的での売却もできないので、困ってしまうことがあるでしょう。
そのような際に検討したいのが、任意売却です。
競売にかけられる前に任意売却したほうが良い理由は、以下のように多くのメリットがあるからです。

  • 市場価格に近い価格で売れる
  • 住宅ローンの残債は分割返済できる
  • 引っ越し費用に売却金を使える
  • 返済不可になったことを周囲に知られる心配が少ない

任意売却は通常の売却とほぼ同じ流れで進められるため、競売よりも高く売れる可能性があります。
また、完済できなかった場合は分割返済が可能で、月々の返済額は負担が重くならないように考慮してもらえます。
競売と違って引っ越し費用に売却金を使えるので、手持ちのお金を節約できることもメリットです。
以上のことから、任意売却は競売よりも生活再建がしやすいと考えられるため、住宅ローンが返済不可になったらできるだけ早く債権者に相談しましょう。
ただし、任意売却をおこなうと信用情報機関に事故情報が登録されてしまいます。
ですから、住宅ローンが返済不可になりそうだと感じたら、滞納してしまう前に売却などの対処法を実践しましょう。

この記事も読まれています|不動産売却の流れとは?媒介契約の種類や準備すべきことも解説!

まとめ

住宅ローンが返済不可になりそうな場合は、早めに対処することが大切です。
もし住宅ローンを滞納してしまった場合は、競売よりもメリットが多い任意売却をおすすめします。
私たち「株式会社ランドファースト」は、東京都立川市を中心としたエリアで不動産の売却をサポートしております。
査定のご依頼はもちろん、不動産売却に関する疑問やお悩みがございましたら、どうぞ弊社までお気軽にお問い合わせください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120080281

営業時間
9:30~18:30
定休日
火・水曜日

売却査定

お問い合わせ