不動産は住みながらでも売却できる?メリット・デメリットや注意点を解説!

2022-05-24

不動産は住みながらでも売却できる?メリット・デメリットや注意点を解説!

この記事のハイライト
●「売り先行」で不動産を売却する際は、住みながら内見に対応する必要がある
●急な内見希望にも応じられるように、常にきれいにし、土日は内見用にスケジュールを空けておく
●早く現金化したい場合は、不動産会社の買取も視野に入れて検討する

不動産を売却する際、新居への引っ越しを済ませてから売り出す方法だけでなく、住みながら売却活動をおこなうのも方法の一つです。
「住みながらどうやって内見に対応するの?」と不安になるかもしれませんが、注意点と売却を成功させるコツを押さえれば、不動産は住みながらでも売却できます。
そこで今回は、住みながらの不動産売却について、その方法とメリット・デメリット、押さえておくべき注意点について解説します。
売却を成功させるコツもご紹介しますので、東京都立川市で不動産売却をご検討中の方は、ぜひご参考にしてください。

\お気軽にご相談ください!/

住みながらの不動産売却はどのような方法でおこなうの?

住みながらの不動産売却はどのような方法でおこなうの?

不動産売却には、「売り先行」と「買い先行」の2つの方法があります。
新居を先に購入してから今住んでいる家を売る「買い先行」では、引っ越しを済ませ、なにもない状態で不動産売却をおこなうことができます。
一方「売り先行」は、今住んでいる家の売却を済ませてから新居を購入する方法です。
この「売り先行」の場合は、住みながら売却活動をおこなうことになります。
新築住宅や空き家を購入した方は、生活している状態で内見に応じることに抵抗を感じるかもしれません。
しかし次のようなメリットがあるため、「住み替えをおこないたいけれど自己資金が少ない」という方や、「住宅ローンを返済したい」という方はぜひ検討してみましょう。

自宅に住みながら売却をおこなうメリット

資金計画を立てやすい
不動産売却で得たお金は、新居を購入する資金や住宅ローンの返済などに充てられるため、自己資金が少ない場合でも住み替えが可能になります。
また住み替え時には、契約にかかる諸費用や引っ越し費用などもかかるため、手元にまとまったお金が入ることで、資金計画が立てやすくなるでしょう。
購入検討者に物件の魅力を伝えやすい
購入検討者が内見に訪れた際には、内見者の質問に応じたり、物件の魅力を伝えたりと、直接アピールすることができます。
また周辺環境についても、実際に住んでいる方の話を聞ける機会があることは、購入検討者の安心材料になるでしょう。
内見者に生活のイメージを持ってもらえる
実際に家具などが置かれている状態を見学できるため、内見者は生活のイメージがしやすく、購入意欲がアップするかもしれません。
このように、ゆとりを持った資金計画が立てられることや、物件の魅力を直接伝えられることがメリットですが、次のようにデメリットも存在します。

自宅に住みながら売却をおこなうデメリット

内見に向けた準備が必要
メリットとして、内見で物件の魅力を伝えられることをお伝えしましたが、そのためには、内見者を迎える準備をおこなう必要があります。
整理整頓、清掃、換気などをおこない、きれいにしておかなければなりません。
生活感が出すぎると売れにくい
内見者は、「実際にここに住むかもしれない」とイメージしながら見学に訪れます。
新居に対する憧れを持っている方もいらっしゃるでしょう。
ところが、室内が汚れていたり、洗濯物が散乱していたりと、生活感が出すぎていると、イメージダウンしてしまいます。
そうなると、購入意欲が損なわれてしまい、なかなか売却につながらないでしょう。

この記事も読まれています|相続した不動産を売却する際の流れとは?遺産分割協議や相続登記も解説

\お気軽にご相談ください!/

住みながら不動産を売却するうえで押さえておくべき注意点とは?

住みながら不動産を売却するうえで押さえておくべき注意点とは?

続いて、住みながら不動産売却をおこなう際、どのようなことに気を付ければ良いのか、押さえておくべき注意点をお伝えします。

注意点①急に内見を希望されることがある

急に内見希望が入ることがあります。
たとえば「今から見せてほしい」など、すぐに対応しなければならないようなケースも少なくありません。

注意点②引っ越し先を並行して探しておく

住み替えの場合、売却活動をおこないながら、引っ越し先を探しておくことをおすすめします。
引き渡しまでに新居が見つからない場合は、賃貸物件などでの仮住まいが必要です。
そうなると、家賃が発生するだけでなく、引っ越しも2回おこなうことになります。
余計な出費を防ぐためにも、不動産売却と新居探しは並行して進めましょう。
また、住み替えの場合、売却と新居購入を別々の不動産会社に依頼すると、窓口が2つになり、スケジュール調整もご自身でおこなわなければなりません。
したがって、住み替えは同じ不動産会社に依頼するのがおすすめです。

注意点③売却金で住宅ローンを完済できるか確認しておく

住みながら不動産を売却し、売却金を資金計画に組み込む場合、住宅ローンの残高と査定価格を比較して、完済できるかどうかを事前に把握しておかなければなりません。
完済できない場合は、自己資金から捻出したり、住み替えローンを利用したりと対策が必要になるため注意が必要です。
弊社は、不動産査定や売却のご相談を無料にて承っておりますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

この記事も読まれています|相続した不動産を売却する際の流れとは?遺産分割協議や相続登記も解説

\お気軽にご相談ください!/

不動産に住みながら売却を成功させるコツとは?

不動産に住みながら売却を成功させるコツとは?

それでは最後に、不動産に住みながら売却を成功させるコツをご紹介しましょう。

いつもきれいな状態にしておく

前章でもお伝えしましたが、いつ内見を希望されるかわかりません。
売却活動中は、いつもきれいな状態を保ち、急な内見希望が入ったときも、快く対応できるように準備しておきましょう。

土日は内見用にスケジュールを空けておく

内見希望者は、土日に増える傾向にあります。
「予定が入っているから対応できない」と断ることは、売却のチャンスを逃すことになるため、できる限り内見に応じるのが得策です。
売却活動中は、土日のお出かけを控えるようにして、内見用にスケジュールを空けておきましょう。

ホームステージングをおこなう

不動産売却を成功させるためには、内見で気に入ってもらうことが大切なポイントです。
家具や照明、観葉植物などで室内をモデルルームのように演出する「ホームステージング」を検討してみてはいかがでしょうか。
「ここに住みたい!」と思ってもらえるような空間づくりをおこなうことで、内見者に良い印象を与え、売却成功につながる可能性がアップしますよ。

買取を検討する

ここまで、住みながら不動産売却をおこなう方法や、売却を成功させるコツについてお伝えしてきましたが、不動産会社に買い取ってもらうのも方法の一つです。
買取の場合、査定価格に納得すればすぐに手続きすることができ、早く現金化できます。
また不動産会社が買主になるため、売却活動はおこないません。
つまり、内見に対応する必要がないのです。
「生活している状態を見せたくない」「早く現金化して住み替えをしたい」という方は、不動産会社の買取も検討してみましょう。
また、「家を売って現金化したいけれど引っ越したくない」という方は、買主となった不動産会社と賃貸借契約を結ぶ「リースバック」を利用すれば、そのまま住み続けることが可能です。
弊社は、買取も積極的におこなっておりますので、「売却と買取で迷っている」という方も、ぜひお気軽にご相談ください。

この記事も読まれています|相続した不動産を売却する際の流れとは?遺産分割協議や相続登記も解説

まとめ

不動産を売却する際には、「買い先行」と「売り先行」の2つの方法があります。
「売り先行」の場合は、住みながら内見に対応する必要があるため、いつもきれいにしておくことや、急な内見にも快く応じることが、売却成功のコツです。
「住みながら内見に応じるのに抵抗がある」「早く現金化したい」という方は、不動産会社の買取も視野に入れて検討してみましょう。
株式会社ランドファーストは、東京都立川市で不動産売買のサポートをおこなっております。
お客様のご希望に沿った販売方法をご提案しますので、不動産売却をご検討の際は、ぜひ弊社にお任せください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120080281

営業時間
9:30~18:30
定休日
火・水曜日

売却査定

お問い合わせ